スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | UP↑

技術解説11 PRIDE

11回目は「三浦あずさメドレー ~M.A.squrade~」内の作品,PRIDEです.
曲とあずささんの雰囲気に合わせた,やわらかくしっとりとした作品です.


今回は全編通してVegasの「グリント」エフェクトが大活躍.バックの星空から文字の光,シルエットの輪郭など至る所で使用しています.

PRIDE01.jpg
PRIDE02.jpg
PRIDE03.jpg

最初の文字はVegasのPro Type Titlerで作成.こいつは文字のアニメーションやパスモーション等,結構色々なことが出来るのですが,インターフェースがいまいち使い辛いのが難点.
それにパーティクルで作ったキラキラを重ねてタイミング合わせ.
星空はフラクタルノイズにグリントをかけてそれっぽく調整.「エフェクトのみ」にチェックを入れるとグリントで生成された光だけが残ります.これを色別に複数用意し重ねて完成.バックにはやっぱりフラクタルで作った夜空をつけてあげます.
空もフラクタルで雲を生成,3Dソースアルファでちょっと奥行きを出します.建物の切り抜きは事務所Lv3を抜き抜きしてマットにしたものです.
出てくる英文はPRIDEの1番の歌詞です.あずささんの笑顔と重ねてみました.

どんな時も 微笑みを絶やさずに 歩いて行こうと

PRIDE04.jpg

空から降りてくる羽に手を伸ばしたけど風で飛ばされていってしまい所在無げに手を戻すあずささん.
あずささんのシルエットはフラクタルとグラデーションを重ね,あずささんを抜き抜きしてトラックマットを作って合成.ゆらめく水みたいな感じにしたかったのですがまあ見える・・・かな?

PRIDE05.jpg
PRIDE06.jpg

気付いた人は多分いないwと思いますが,ここはL4Vとネクサスカジュアルを使い分けています.
アイドルとして羽ばたいた「自由」と,その一方で心の隙間を侵食していく「孤独」みたいなイメージです.
青空に羽ばたく鳥と,どこか寂しげな夕暮れといった対比のつもり.

PRIDE07.jpg
PRIDE08.jpg
PRIDE09.jpg
PRIDE10.jpg

今回ひとつ上手く使えたらいいなと思っていたのが,時間経過による色調や心情変化の表現.
最初は全編通して夜→朝で考えていたのですが,最初のほうで暗い雰囲気が出てしまうので却下.
一応前の青空からこの辺りまで通して大雑把に時間経過を表しています.

アイドルの顔を見せるライブステージが終わり,閑散とした765プロ.
帰宅途中,不意に寂しさに襲われ俯くあずささん.自宅に戻ってもそれは消えてくれず・・・.

みたいな?
765プロのシーンには帰宅する千早と真を入れようかなとも思ったのですが,色調整で意外といい雰囲気が出ていたのでそのままにしました.
渋谷スクランブル交差点も同様に大量のモブを入れようかと思ってました.本来夜10時台に人が居ないなんてことはありえませんからね,あそこはw
ただここも雰囲気が出てたのでそのままに.そういう奇跡みたいな瞬間を切り取ってみてもいいのかなと.
今思えば,最初モブを出しておいて,いつの間にか消えてあずささん1人,というのも面白かったかな.クラプトンのChange The WorldのPVみたいなやつ.

PRIDE11.jpg

ここは素直に歌詞に合わせました.
開始からここまで全部そうですが,極力あずささんの表情を見せないようにしています.
その意図については後述.

PRIDE12.jpg

ラストシーン.
ここで久々に明るい「色」が戻ってきます.まあ白中心なんですがw
それでも今までとの対比として鮮やかさを感じるように気を使いました.
背景はゲーム内の遊歩道を抜きぬきしてトラックマット化したもの.イントロで出てくるやつと一緒です.
空から降りそそぐ羽はパーティクルでさっくりと.
背景,羽共にやはりグリントで光らせています.
また,ここで初めてフルカラーwのあずささんが出てきます.

PRIDE13.jpg
PRIDE14.jpg

最後もキーイングしたあずささんでマットを作り,反転させてグリントをかけ,光の演出を行っています.
空から降りてきた羽を優しく受け止めるあずささん.
手にしたものは・・・.

だけど今は 貴方への愛こそが 私のプライド



今回コンセプトとして持っていたのは,まず1つ目はメドレー内で一息つけるパートにしようということでした.
メドレーは大きく分けて,

OP→コラボセクション→公式曲セクション→ニコマスレジェンド(?)セクション→ED

となっていますが,自分のパートはコラボの最終曲であり,公式曲への繋ぎとなっています.
それともうひとつ.ここまで続いてきたクールでかっこいい系の曲が一度完全に終わり,この後の明るいパートへ向けて再開します.
以上の2つの意味で自分のパートは繋ぎの役割を持っているわけです.
そのため,それまでの(制作時点の予想でしたが)比較的暗めの色調でエフェクトやカメラをバリバリ駆使し,あずささんの表情をフルに魅せたパートから,力を抜いて箸休め出来る雰囲気がいいなと思いました.まだまだ先は長いですしねw

2つ目は色.既に述べていますが,序盤は比較的暗めの色調で来ると思っていましたし,結果的にそれは当たっていました.
それに対して自分の次の曲であるまっすぐは,まあネタで来ない限りは白系を使った明るい感じだろうと踏んでました.
よって,自分のパートではその通過点,暗→明の変化をつけたかったということがあります.

3つ目は姿・表情.
これもやはり前後との対比なのですが,きっと皆あずささんのベストショットを次々と繰り出してくるだろうと思ったので,1人ぐらいひねくれた奴がいてもいいだろうとw
もちろんそれだけではなく,見えないからこその表情の豊かさというものも狙いました.
個人的に渋谷での俯く所や,自宅での表情,肩を抱いているあずささんは色々想像の余地があると思いますがいかがでしょうか.
逆に最後はここまで抑えた分も合わせて思いっきり綺麗に,優しくかつ力強いあずささんで魅せるよう意識しました.



以上がPRIDEの解説になります.
今回は自分が持っているあずささんのイメージを最優先した結果この曲になりました.
適当な曲が見つかっていればダンスナンバーにしたんですけどね~.イメージ優先だとどうしてもこういう系統になってしまうのです.
他には中山美穂の「ただ泣きたくなるの」とか,Kiroroの「長い間」とか.
正直に白状するともの凄く作りづらかったですwとはいえ何だかんだ言って楽しみながら作っていた気はします.
なお,単品アップの予定はありません.
これはあくまでメドレー内の作品として構成を練ったものなので,前後の繋がりがないと魅力がかなり失われてしまうと思うので.
それに単品の尺で作りなおすのめんどくs(ry

最後に.
メドレーに招いてくれたてつろ~Pをはじめ,関係者の皆様には本当にお世話になりました.
特に進行統括のぺんぺん赤ペンPには多大な苦労をおかけして申し訳ありませんw
いい加減な奴ですがどうか今後とも宜しくお願いいたします.
そして動画を観て下さった皆様.本当にありがとうございます.
言葉通り一夜限りの饗宴となってしまいましたが,夏の夜の夢ならぬ,春の夜の夢として皆様の心の片隅に残れば幸いです.
10 : 53 : 03 | 技術解説 | TB(0) | Comment(0) | UP↑

<<冷静と情熱の間 | ホーム | メドレー担当パート公開>>

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


| ホーム |

プロフィール

Author:東洋人
ニコニコでこそこそとアイマスMADを作っています.
矢印成分及び橋本みゆき成分多し.

twitter:http://twitter.com/#!/toyo1812
SkypeID:toyo1812

主な使用ツール

【編集環境】
・TSUKUMO Aerostream(メイン)
(Core i7 3770, Corsair DDR3 16GB, Quadro FX580)
・lenovo ThinkPad X200(サブ)
【キャプチャ】
・Intensity Pro
・Canopus ADVC-55
【編集ソフト】
・Sony Vegas Pro 11
・NiVE
・Aviutl

ブログ内検索

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。